薬

甲殻アレルギーの方も安心

鮮度や飲み合わせにも注意

薬

植物原料を使ったヤクルトのグルコサミンは、添加物も少ないため人気があります。一方で保存料といった添加物が少ないため、鮮度についても注意を払う必要があります。賞味期限が過ぎたものに関しては、すぐに変質が起こる訳ではありませんが、風味等も落ちるため摂取を控えるようにします。また飲み合わせに関しても注意が必要です。ヤクルトのグルコサミンに限りませんが、グルコサミンはムコ多糖類という糖分の一種のため、インスリンの働きを低下させる働きがあります。またワルファリンと併用すると血流が良くなり過ぎる副作用もあります。そのため糖尿病の方は摂取に際して医師に相談しておく必要があります。逆に飲み合わせが良いとされる、軟骨生成も助ける各種ビタミン類などは組み合わせて飲むことが推奨できます。

植物由来と安全性の高さ

日本は海産資源が豊富な事もあり、グルコサミン健康食品の多くはエビやカニなどの甲殻類から抽出したものを用いています。その理由で甲殻類アレルギーを持つ人にはこれらの製品は摂取できませんが、ヤクルトのグルコサミンは植物由来の成分を用いているのが特長です。このため膝など関節に不安を抱える人の中で、特に甲殻類アレルギーを持つ人には重宝されています。また使われている食品添加物が非常に少ないため、安全性も高くなっています。今後もヤクルトのグルコサミンは、植物由来の体に優しい原料を用いている点と安全性の高さをよりアピールしていくことで、他社の類似商品との差別化を図ると考えられます。高齢者人口の増加と健康志向の高まりと共にグルコサミン健康食品の需要も増えており、ヤクルトのグルコサミンは今後さらなる需要が見込めます。